菊祥陶器のこと

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥
長崎県川棚町にある菊祥陶器。普段使いのカジュアルでかわいい和食器を制作しています。
使いやすい磁器のうつわからあたたかな雰囲気のある陶器のうつわまで幅広く取り揃えています。

菊祥陶器/工房祥sho~ Kikusho Pottery - Gallery Sho

住所
〒859-3605
長崎県東彼杵郡川棚町百津郷364-156
TEL
0956-83-2801
FAX
0956-83-2812
営業時間
9:00~17:00
定休日
日・祝日 / 土(不定休)
※定休日にご来店の際は事前にご連絡ください。
E-mail
kikusho-touki@sand.ocn.ne.jp


菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥

菊祥陶器の工場は長崎県川棚町の海沿いにあります。
モスグリーンの外壁に、シックな木製の扉が目印です。
古い工場の一歩中に入ると、昔の雰囲気もそのままに、昭和レトロな感じが漂います。
工場に入れば、すぐ左がギャラリーになっています。

新作や人気の商品などの展示販売ギャラリーは、お気軽に足をお運び、ゆっくりと商品をご覧いただけます。
最近は、ポップな色使いの物が評判もよく人気です。

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥

菊祥陶器は、1997年に先代が創業した会社です。
それまで経営していた陶器メーカから独立し、土瓶や急須、ポットといったお茶周りの陶器を多く手がけて来ました。
長年培った独特の技法を受け継ぎつつ、斬新なアイディアを加えて時代にマッチする製品作りを続けています。
近年陶器は、大量生産の海外製品が台頭し,価格競争が苛烈を極めていますが、
そんな中でわたしたちは、価格競争に惑わされず、付加価値の高いこだわりの製品を作ることに重きを置いています。

お客様の感性をくすぐる製品作りのため日夜センスを磨き、自己満足で終わらせず、
お客様に喜びや感動を与えられるような仕事をしていきたいと思っています。

素敵な陶器との出逢いでお客様の心に豊かさを与えられる物を作り続けたいという思いを込めた
「菊祥陶器|工房祥sho~」の陶器をぜひ、お手に取ってみてください。



陶器ができるまで

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥
菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥


 石膏で作られた割り型。この中に泥奨を流し込みます。
 石膏に付着させた後、型をひっくり返して回転台に乗せて余分な泥奨をおとします。

 水分を蒸発させ、少し乾いたところで型から外します。
 これで、ボディの形が出来上がります。

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥
菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥


 ならべられた生地のパーツ。
 土瓶の口、蔓の根付までそれぞれのパーツも職人さんが型から外して丁寧に仕上げます。
 型から取り出したボディに手早く穴をあけて余分な土を削ります。
 空いた穴をふさぐように土瓶の口の部分に泥漿をつけて接着します。
 あっという間に生地が完成。後は乾燥させるだけです。

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥
菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥


 生の生地がよく乾いたら約800℃で素焼します。
 素焼の生地はオレンジと橙色の中間色。

 素焼きされた生地に絵付します。
 絵具をスタンプ台にしみ込ませて、絵柄をむらがないように均一にスポンジ版で打ちます。

 ロクロで廻しながら蓋のギボシを下絵付、同じ濃さになるように気をつけます。
 手描きの作業は手間ひまかけて、ひとつひとつ丁寧に描き込みます。
 「皆で笑えば福が来る」と思いを込めて。

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥
菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥


 釉薬をかけてから仕上げて窯に詰めます。
 窯に火を入れて約1300℃の温度でおよそ13時間の焼成です。

 火を止め、少しずつ熱を冷まします。
 窯の扉を開けるときは、毎回緊張の瞬間となります。



陶磁器の性質上のご注意


自然素材で作られた陶器には、特有の性質があります。
1つ1つが職人さんの手で作られている為、個体差がございますが、
それぞれの味わいや温かさ、個性としてお楽しみください。

菊祥陶器 川棚 波佐見焼 工房祥

◆ピンホール
 土物は性質上、生地の表面にこのような針でつついたような跡が出ることがあります。
 使用上差し支えはありませんので、味としてお楽しみください。

◆鉄粉(てっぷん)
 粘土に含まれる鉄分が反応して出る黒い粒状の物です。
 著しく大きく目立つ所に出た場合は検品時に省いています。

◆釉だれ
 釉薬が溜り燃成時に垂れて出来る物で、味としてわざと釉垂れを作る器もあります。
 当店では、職人さんが細心の注意を払い、全て手作業で作業を行っており、
 釉薬の垂れが著しく目立つ物は検品時に省かせて頂いてます。

◆貫入
 燃成時の生地と釉薬の収縮率の差で、窯出しした時に冷えてヒビのように 見える物です。
 焼物自体の風合いを出すために、わざとヒビが出るようにする装飾技法のひとつです。
 使い込むことにより、焼物の表面に渋さが出て変化を楽む事ができます。



送料について

お買上げ金額11,000円(税込)以上 送料無料!
(お届け先一箇所のみ)



お買い上げ金額が11,000円(税込)未満の場合、地域ごとの(1配送先毎)の送料を申し受けしております。

◆各地域の送料は以下の通りです。
 ・北海道・・・2,024円(税込)
 ・東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)・・・1,584円(税込)
 ・関東(茨城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川)・・・1,364円(税込)
 ・甲信越(山梨・群馬・新潟・長野)・・・1,364円(税込)
 ・北陸(富山・石川・福井)・・・1,144円(税込)
 ・東海(静岡・愛知・三重・岐阜)・・・1,144円(税込)
 ・関西(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)・・・1,034円(税込)
 ・中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)・・・924円(税込)
 ・四国(香川・徳島・愛媛・高知)・・・1,034円(税込)
 ・九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・・・924円(税込)
 ・沖縄・・・1,254円(税込)



お支払い方法について

次の方法がご利用頂けます。
クレジットカード
クレジットカード
銀行振込
銀行振込
コンビニ決済・Pay-easy
コンビニ決済・Pay-easy




アクセスマップ

営業時間:9:00~17:00 定休日:日・祝日 / 土(不定休) ※定休日にご来店の際は事前にご連絡ください。